最後まで誇りある人生を

印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |



鹿児島県薩摩川内市永利町2531番地
電話;0996-20-8135
 FAX;0996-20-8136

施設入所要件

 ご自宅において日常生活を営むことが困難になってきた方で、介護保険法における要介護度の認定を受けていらっしゃる方が対象となります。ただし以下のような条件を満たす必要があります。

・特別養護老人ホームへの入所は、平成27年4月1日より原則として要介護3以上の方を対象としています。

・地域密着型サービスの提供事業所であるため、原則、薩摩川内市に居住していること前提としています。
(同市が保険者であること)

・心身の状態が安定し入院等の必要がない方が対象になります。

入居までの流れ

 入所要件を満たした方は、鹿児島県が示す介護老人福祉施設等(特別養護老人ホーム)入所指針に沿って、入所申込書の申請を行っていただき、当施設で組織する入所検討委員会において、介護の必要性等を総合的に判断し、入所待機順を決定いたします。その後は、施設のお部屋の空き状況をみて、入所待機順上位者から順次ご案内することとなります。

尚、本委員会は、公平・中立性の観点から外部からの第三者委員を交えて組織していること、おおむね3ヶ月に1回の開催から新規入所申込者を含めて再検討がなされることを補足いたします。

利用料金(平成27年4月1日現在)

サービス費

サービス利用時の基本となる料金になります。介護度によって料金が異なります。

介護区分

1日あたり

1月(30日)あたり

要介護1

625

18,750

要介護2

691

20,730

要介護3

762

22,860

要介護4

828

24,840

要介護5

894

26,820

加算料金(共通)

サービス費とは別に各要件を満たし算定している加算になります。すべての入居者に共通して算定している加算になります。

項 目

自己負担額

算定要件

初期加算

30/日

入所後30日間に限る

日常生活継続支援加算

46/日

①ユニット型の施設であること
②新規入所者の要介護4以上の割合が70%以上であること。
③介護福祉士の数が入居者6人またはその端数ごとに1以上であること等。

看護体制加算(Ⅰ)イ

12/日

①地域密着型(ユニット型)であること。
②看護師1名以上配置していること等。

看護体制加算(Ⅱ)イ

23/日

①地域密着型(ユニット型)であること。
②看護職員が2名以上配置していること。
③24時間のオンコール体制が整っていること等。

個別機能訓練加算

12/日

①機能訓練指導員を配置していること。
②個別機能訓練計画に基づいた訓練を行っていること。
③施設内の関係職種が共同して、訓練の効果・実施方法等について評価している。
④開始時および3ヶ月に1回以上、利用者に対して訓練計画を説明していること等。

栄養マネジメント加算

14/日

①管理栄養士を1名以上配置していること。
②施設内の関係職種が共同して、入居者ごとの摂食嚥下機能及び食事形態に配慮した栄養ケア計画を作成していること。
③計画に従い栄養管理を行っていること。
④計画の定期的な評価・見直しを行っていること等。

介護職員
処遇改善加算

-

介護職員の賃金の改善を目的に、所定要件を満たし届出を行った場合に算定します。
算定方法
(①サービス費+②加算+③加算)×月の利用日数×5.9% → 処遇改善加算

加算料金(個別)

サービス費とは別に各要件を満たし算定している加算になります。この加算は入居者個々の状態により算定できる加算となっています。

項 目

自己負担額

算定要件

療養食加算

18/日

入居者の病状等に応じて、主治医の食事せんにより、疾患治療の直接手段として食事提供がなされる場合。

若年性認知症
入所者受入加算

120/日

①若年性認知症(65歳以下)の受入を行っていること。
②その利用者ごとに個別担当者を決め、その者を中心に個性・ニーズに応じたサービスが提供されていること等。

居住費および食費にかかる標準負担額

介護保険サービスにおいては、「居住費」や「食費」は、保険給付の対象外となり、在宅の場合と同じように、利用者の方にお支払いいただくことが原則となります。

ただし、所得の低い方には負担の限度額が設けられており、「介護保険負担限度額認定」の申請を行うと所得に応じた差額分が給付されます。

区 分

居住費

食 費

第1段階

820

300

第2段階

820

390

第3段階

1,310

650

第4段階
(基準額)

1,970

1,380